『なんだか調子が悪い』と感じたら、それは呼吸のせいかもしれません。






なんか調子が悪いけど…

病院の診察を受けてもどこも悪くない。

こんなお悩みありませんか?


✔︎朝スッキリ起きられない

✔︎夜眠るまでに時間がかかる

✔︎すぐにイライラしてしまう

✔︎些細なことで傷つき、落ち込む

✔︎時々、胸が苦しい

✔︎急にお腹が痛い

✔︎人より痛みに弱い

✔︎他人に対して攻撃的になってしまう

✔︎胃腸が悪くないのに食欲が湧かない

✔︎体を動かしたり、運動が億劫だ

✔︎つい猫背になってしまうことが多い

✔︎同世代より老けて見える

どうでしたか?

これは、全て、

『呼吸が浅い』

ことで

セロトニン不足となることが原因で

起こるものです。

セロトニンは、

通称幸せホルモン

と言われ、

心のバランスを整え、

ストレスを感じても

平常心を保つ重要な役割を

果たしてくれる

現代社会に生きる私たちの

とっても心強い味方なのです!

思い当たる項目が多いと、

知らないうちに、

呼吸が浅くなっているのかもしれません。

実は、

この、セロトニン不足によって、

うつ病になってしまう可能性もあるのは、

ご存知でしょうか?

医学的にも証明されているのです。

チェック項目の、 

✔︎些細なことで傷つき、落ち込む

✔︎夜眠るまでに時間がかかる

の精神面の不調が長引くようなら、

要注意です!

また、

食欲不信や猫背、老けて見えることも、

人には言わないまでも、

内心気になる人も中には

いらっしゃっると思います。

この、

セロトニン不足は、

心、体そして、見た目にも

とても影響してくるのがわかりますね。

不安を煽るわけではないのですが、

呼吸が浅い

→セロトニン不足

→ストレスに弱くなる

→さらに呼吸が浅くなる


こういった悪循環にならないために、浅くなっている呼吸を

どこかで気が付かないと

心身の健康は、遠ざかるばかりなのです。

現代社会に生きる私たち。

更に、コロナウィルスによる

生活が一変したことによって、

ストレスをさらに感じやすく

なっていると思います。

無意識に浅くなっている呼吸は、

クセになっています。

クセは無意識なので、

『意識的』に変えていく

必要があるのです。


1日のうち、

自分の呼吸が浅いと

気づく回数は何回でしょうか?



ぜひ、

実験だと思って数えてみてください。




次回のブログでは、

この浅い呼吸を解決する


『ゆっくり吐く呼吸』

について、お話しますね^^


閲覧数:21回0件のコメント