「私」という生き方をより輝かせていく鍵となる!ヨーガ哲学の「真我(プルシャ)」と「物質(プラクリティ)」を見わけれるようになることとは?




ヨーガ哲学において、

欠くことのできない基本的な考え方が、

「私について」の考え方であるといえます。



ヨーガの実践で目指すのは、

私たちの ” 本来の自分 “

または、” 魂、本質 、純粋意識 “ とも言える

「真我(プルシャ)」を生きることです。



また、ヨーガでは

「真我(プルシャ)」以外の物質すベてを

「物質(プラクリティ)」と定義されています。



私たちの 本質といわれる「真我(プルシャ)」とは、

世界を「観るもの」であり、

無限の幸せに満ち、安定した、変わることのない普遍なる存在。



それに対して、

二局のものに左右されて変わり続ける性質を持つのが

「観られるもの」である

「物質(プラクリティ)」であるといわれています。

観るもの観られるものと定義され、 「真我(プルシャ)」は自分がどういう存在かを知るために、

「物質(プラクリティ)」に起こることを目撃している、と解釈されます。


「物質(プラクリティ)」とは、

世界を織りなす自然や、

目に見える物質のみならず、

私たちの肉体や感覚、

精神(知性、自我、心)でさえ、

変化し続けるもの=「物質(プラクリティ)」の一部とされています。

ヨーガ哲学では、

これら2つを混同することから

すべての苦悩がはじまると考えられています。



そして、

これら2つを見分けていくことで、

「真我(プルシャ):本来の自分」そのものに

なることができるのです。









「真我(プルシャ)」になるための近道とは??




「真我(プルシャ)」をわかりやすく知っていくための、

素晴らしいきっかけになるのが

ヨーガのアーサナ(ポーズ)であるといわれています。

5世紀頃に著された「ヨーガ・スートラ」では、

「アーサナは意識的であること、快適で、安定したものでなければならない」

と説明されています。



心を集中させ、

体の ” 状態 “ に目を向け、

スムーズで安定した呼吸を通して、

自分との繋がりを感じること。



目的は、決して、難しいポーズをうまく取ることにあるわけではありません。



ヨーガを通して、

「安定した、心地の良い自分」という感覚を味わうこと。

これをを積み重ねることが、

「真我(プルシャ)」そのものに "なる" ための

実践であり、手段となります。




「真我(プルシャ)」は、

とても安定した性質を持ち、

これに近づこうとするヨーガの習慣は

変化を続ける「物質(プラクリティ)」の影響を受けにくくさせるのです。




こうした「安定」の感覚に気付きを向け、

自分にとっての本当の快適さを味わうためにも、

日々の練習を続けていく上で、

「真我(プルシャ)に生きる」と言うゴールを見失わないよう

ヨーガの時間をコツコツ積み重ねて

深めていきたいですね^^



もうすぐ春ですし、

足の裏を目一杯感じて、 大地を清々しい気持ちで歩いていきましょう♪



閲覧数:27回0件のコメント